カテゴリー
General

En Google modified by Gulfweed 0.04

「ウェブ全体から検索」 + 「英語インターフェース」 で出てくるHTMLが変わったので対応しました
En Google modified by Gulfweed
スクリーンショット
さらに Google Scholar と Google Code Search へのリンクを追加してあります
正常に更新されない場合は一度 Greasemonkey を無効にして
上記リンクを開き、強制リロードをかけてください
原作者: ユーザJavaScript – namespace gimite

カテゴリー
Programming

LXRのbaseurl

LXR (Linux Cross Reference)は設定ファイルの項目baseurlをもとに、
HTMLのbase要素を通じてスクリプトへのパスをブラウザに伝える。
もし、LXRを閉じたネットワークに設置して内部から利用し、
さらに外部からもSSHのポートフォワーディングなどで
利用する場合、色々なホスト名でアクセスされることになる。
しかし、単にbaseurlに”/lxr/”などと相対パスを書いても
base要素のhref属性としてはブラウザに正しく解釈されず、
おかしな挙動が起きてしまう。
この場合は、LXRのlib/LXR/Common.pmのbaseurlサブルーチンを


sub baseurl {
return('http://'.$ENV{'SERVER_NAME'}.
':'.$ENV{'SERVER_PORT'}.
$Conf->baseurl);
}

などと書き換えて絶対パスにしてやればよい。

カテゴリー
Web

PukiWiki用atom.inc.phpをPHP4で使う その2

少々変更を加えました
Download
変更点
– feedのupdated要素に使う日時をリクエスト時間から全entryの最終更新時刻に変更
– authorをPukiWikiのmodifierに
– rel=”self”のlink要素を追加
また、obsoleteなAtom 0.3もはけるようになっています
(必要なければ使わないでください)
Atom 1.0, Atom 0.3
なんではけるようにしたかというとGoogleにサイトマップを送ろうとして
うまくいかなかったため、Atom 0.3が必要なのだと勘違いしたからです。
実はhttp://gulfweed.starlancer.org/?cmd=atom
というようにファイル名を含まないアドレスを渡すとうまく機能しないだけで
http://gulfweed.starlancer.org/index.php?cmd=atom
という具合に入力してあげればAtom 1.0でも登録可能でした。
元記事: PukiWiki用atom.inc.phpをPHP4で使う

カテゴリー
Web

PukiWiki用atom.inc.phpをPHP4で使う

投稿時点でバグがありました。いまは直っています。
PukiWiki/Plugin/atom.inc.php – ipxw.comのVersion 1.1を改変してPHP4で使えるようにしたものです
Download (差分は参考に)
PHP 5.1.1からRFC3339の書式がDATE_3339 (DATE_ATOM)として定義されていますが、get_date(‘Y-m-d\TH:i:s’) に get_date(‘O’) へコロンを挿入したモノを結合すれば同じことが出来ます
Valid Atom 1.0

カテゴリー
Web

Google 言語指定補助 Greasemonkey 更新

ウェブ全体から検索 + 英語インターフェース でも選択肢が出るようにしました
En Google modified by Gulfweed
gimiteさんのクリックすると自動で読み込む機能はOnにしてあります
元記事: Google 言語指定補助 Greasemonkey

カテゴリー
Web

Google 言語指定補助 Greasemonkey

[google][js] Googleの検索結果に「英語のページのみを検索」を追加するGreaseMonkey – daily gimite
少しいじってhome languageも変えられるようにした。
En Google modified by Gulfweed
Web全体 + 英語インターフェース にすると戻ってこれないのは仕様です。
トップのSS
検索結果のSS

カテゴリー
Web

Google カレンダー タイムゾーン修正

2006年9月ごろからGoogle カレンダーを使い始めたのだが、
いつのまにやら「現在のタイム ゾーン」が東部時間(UTC-05:00)に
設定されており、GCMGを使い始めておかしな時刻が
表示された時、これに気づいた。
カレンダーデータのタイムゾーンは東京(UTC+09:00)に設定されており、
結果、入力したスケジュールの時刻が東部時間として解釈され、
東京時間に変更後、カレンダーデータに記録されていた。
GCMGが東部時間で表示できればこのままでもかまわないが、どうもできなそうだし、
そもそも間違った時刻が記録されているのは気持ち悪いので修正する。
方法
カレンダーデータのタイムゾーンを東部時間に設定し、
iCal形式ファイルとしてエクスポートする。
iCalファイルを開き、各VEVENTのDTSTART, DTENDにあるTZIDを
全てAmerica/New_YorkからAsia/Tokyoに置換する
VCALENDARのX-WR-TIMEZONEをAsia/Tokyoにし、
VTIMEZONEを以下で置き換える
BEGIN:VTIMEZONE
TZID:Asia/Tokyo
X-LIC-LOCATION:Asia/Tokyo
BEGIN:STANDARD
TZOFFSETFROM:+0900
TZOFFSETTO:+0900
TZNAME:JST
DTSTART:19700101T000000
END:STANDARD
END:VTIMEZONE
Google カレンダーで新しい空のカレンダーデータを作り、修正したiCalを
インポートすれば時刻の正しいカレンダーになる。
参考: iCalendar 仕様

カテゴリー
Linux

Apache SSL_ERROR_RX_RECORD_TOO_LONG

Hostヘッダが指定されていないリクエストを吸い込むためにNameVirtualHostを用い、
吸収用VirtualHostを用意することがありますが、ポート443でこの方法を
使う場合、吸収用SSL VirtualHostにもきちんとSSLの設定(SSLEngine等)を
書かないと他のSSL VirtualHostに影響が出ます。
ブラウザでアクセスしてSSL_ERROR_RX_RECORD_TOO_LONG (-12263)が
返ってきたときはこの可能性を調べてみるといいかもしれません。

カテゴリー
Linux

fetchmail 6.3.6 でエラー

fetchmailをアップグレードしたところ、POP3サーバに繋がらなくなった。
プロバイダはBB.exciteで、転送先として使っており、POP before SMTPなので
POP3ログインだけcronで回している。
仕方ないので暫くPerlで代用


#!/usr/bin/perl
use Net::POP3;
$oPop = Net::POP3->new('pop.bb.excite.co.jp') or die "Can't not open account.";
$oPop->login('username', 'password');
$oPop->quit;

参考

カテゴリー
Web

Googleパーソナライズドホーム用ガジェット

Googleのセミナーでせっかく説明を聞いたので手習い
まず、Developer Gadgetを追加する。これがないとガジェットのキャッシュをコントロールできないのでデバッグが面倒になる。
o ドキュメントを読みながらガジェットをXMLで記述
o 適当なサイトにXMLドキュメントを置く
o 「コンテンツを追加 »」を押し、「URL を指定して追加」でURLを入力して「追加」を押す
デバッグしたい場合はDeveloper GadgetでCachedをオフにすればリロードのたびに新しくXMLが読み込まれる。
http://gmodules.com/ig/creator?synd=open&nocache=1&url=ガジェットを設置したURL
というURLで利用できる「Creator Page」を使ってデバッグしてもよい(というかこっちのほうが軽いかな)。また、このページで「コードを取得」を押せばSyndication用のスクリプトが取得できる。これを自分のWebサイトに貼り込めばこののようにガジェットをワンクリックで登録できる形で公開できる。
上のサンプルは適当に作ったTopCoderのカレンダーを取得するガジェットです。動作は保証しません。