カテゴリー
Web

Googleパーソナライズドホーム用ガジェット

Googleのセミナーでせっかく説明を聞いたので手習い
まず、Developer Gadgetを追加する。これがないとガジェットのキャッシュをコントロールできないのでデバッグが面倒になる。
o ドキュメントを読みながらガジェットをXMLで記述
o 適当なサイトにXMLドキュメントを置く
o 「コンテンツを追加 »」を押し、「URL を指定して追加」でURLを入力して「追加」を押す
デバッグしたい場合はDeveloper GadgetでCachedをオフにすればリロードのたびに新しくXMLが読み込まれる。
http://gmodules.com/ig/creator?synd=open&nocache=1&url=ガジェットを設置したURL
というURLで利用できる「Creator Page」を使ってデバッグしてもよい(というかこっちのほうが軽いかな)。また、このページで「コードを取得」を押せばSyndication用のスクリプトが取得できる。これを自分のWebサイトに貼り込めばこののようにガジェットをワンクリックで登録できる形で公開できる。
上のサンプルは適当に作ったTopCoderのカレンダーを取得するガジェットです。動作は保証しません。