*[[WebSVN:http://websvn.tigris.org/]] [#w5d13a22]
Subversionリポジトリのビューワです

- [[nemuiDoc: DebianでWebDAVサーバ:http://sugi.nemui.org/wiki/Debian%A4%C7WebDAV%A5%B5%A1%BC%A5%D0]]
- http://www.gnu.org/software/libiconv/
- [[Google.jp:LC_ALL]]

**インストール [#pbe57e4c]
-apt-get
 # apt-get install websvn
--グラフィカルなダイアログがでるので自動設定を行いたい場合はやってください
--後でやりなおすには以下を実行してください
 # dpkg-reconfigure websvn

** 設定 [#w171415e]
- /etc/webdav/apache.conf を見ながら Apache2 の sites-available 以下を設定
 Alias /hogehoge /var/www/websvn
 
 <Location /hogehoge>
   Options FollowSymLinks
   AllowOverride None
   order allow,deny
   allow from all
   <IfModule mod_php4.c>
     php_flag magic_quotes_gpc Off
     php_flag track_vars On
   </IfModule>
   
   AuthUserFile "/etc/apache2/htpasswd/htpasswd.hogehoge"
   AuthName "access hogehoge"
   AuthType Basic
   Require valid-user
 </Location>
- /etc/webdav/svn_deb_conf.inc (config.incからincludeされる) の以下を自分の環境にあわせて変更
 $config->parentPath("/var/lib/svn");
 $config->addRepository("repos 1", "/var/lib/svn");

- /etc/apache2/conf.d/websvn から /etc/websvn/apache.conf へのリンクが出来ているが、必要なければ削除すべし
- Apache 起動時に conf.d 以下に何もないと警告が出る場合は conf.d で
 # touch dir
とでもして空ファイルを置いておけばいい

** Apache を再起動 [#ud4311a4]
 # /etc/init.d/apache2 restart

** オプショナル設定 [#m66cbc1c]
- 日本語メッセージにするには以下の行を有効に
 include("languages/japanese-euc.inc");  // (Almost Unix/Linux/BSD)
- スキンを選択
 $config->setTemplatePath("$locwebsvnreal/templates/BlueGrey/");
- 文字コードについて
-- まず以下のページを参照
--- [[ntp その後 (3) , websvn:http://www.matchy.net/tdiary/20041207.html]] まぬけ庵の日々
-- 結局私が行った修正は以下 (svn_deb_conf.inc)
 putenv('LANG=ja_JP.EUC-JP');
 $config->setInputEncoding("EUC-JP");
 $config->setOutputEncoding("EUC-JP");
-- ログなどは /var/cache/websvn/ にキャッシュされていてリロードしてもなかなか変わらないので、設定を修正したあと確認するのはここの中身を適切に削除してからにしましょう。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS