* 概要 [#y44855eb]
おなじみ[[SNES:http://ja.wikipedia.org/wiki/SNES#Super_Nintendo_Entertainment_System]](スーパーファミコン)のエミュレーターです。ZSNESと違い、そこそこのスペックがあればCPUを100%占有することはありません。また、Snes9xをベースにしたSnes9kというKaillera対応版があり、ネット対戦などに便利です(公開KailleraサーバにはSnes系を嫌っている所もあるので、おじゃまするときは注意しましょう)。

* Snes9k [#yc5300d6]
Kaillera対応版

- Kaillera時はActiveSNESを使わなくてもゲームが停止しないようになっています

** 導入&日本語化 [#vb5ab021]
そのままだとロビー会話以外の日本語が化けるので以下の手順で日本語化します

- Version 0.09は基本的に以下のサイトを見ればできます。
-- [[まとめぺーじ(Pukiwiki)/SFCエミュレータ/Snes9k:http://outof.org/xoops/modules/pukiwiki/334.html]] -out of date-
-Version 0.09zの場合
-- [[ねこかぶのホームページ:http://nekokabu.s7.xrea.com/]]に置いてある0.09z用パッチはSnes9k本体用のみですが、KailleraクライアントDLLは0.09と0.09zで変わらないので、0.09用日本語化パッチのklr09a5jp.exeを使って日本語化できます

* チート [#q98756bd]
** チート検索 [#fa9ced90]
- はじめは狭い範囲のメモリ内容が表示されている
- サーチをおすと条件に合う内容がメモリ全体から検索され、マッチした結果が表示される。Resetを押すまで絞り込みが続けられる。
- メモリ表には1Byte毎の始点について、オプションの選択によって1〜4Byteのかたまりを1つのデータと見たときの数値が表示される

** 効率的なチート検索の手引き(RPG向け) [#z89cfa5b]
- あるデータ(攻撃力とかHPとか)のアドレスを探し出すときは1Byte検索から始める。数値の大きさの見当がつくならば、サイズを大きくして検索することで効率的に絞り込める

- 見当のつけ方 : 「昔プレイしたときHPが800(1Byteで表せる255より大きい数値)まで上がった覚えがあるので、少なくとも2Byteは使うデータだろう」等
- 絞り込める理由 : 関係ないデータのうち1Byteのデータは2Byte検索を行うと隣接する別のデータの1Byte目が算入されて大きな値として認識されてしまい、検索にヒットしないためふるい落とせる
- 絞り込める理由 : 関係ないデータのうち1Byteデータは2Byte検索を行うと隣接する別のデータが算入される結果、とても大きな値として認識されてしまい、検索にヒットしないためふるい落とせる

- たとえばHPが999まで上がるゲームなら0〜65535まで表現できる2Byteを指定する。現在のHPが1Byteで表現できるときでも、こうして2Byteまで検索すれば2Byte目が0である箇所だけヒットするので探しやすい。

** チートコード入力 [#x1b725ce]
- チートコードは[アドレス][内容]の形。アドレスは3Byte、内容は1Byte。
- 下の欄に出ているValueは10進表記での内容を表示するだけ。変更しても入力時に特に意味は無い。

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS