GNU binutils

参考

関連

GNU アセンブラ

オブジェクトファイルの情報

ld

リンカ。シンボル参照をまとめ、解決する

--print-map

サポートされているフォーマットは

objdump -i

で得る

SUNの開発環境ではインクリメンタルリンクをする場合ild?らしい

objdump

オブジェクトファイルの情報を表示

objdump hogehoge.o

アーカイブを指定することも可能

nm

オブジェクトファイルのシンボルを表示する

nm hogehoge.o

オブジェクトファイルのフォーマットは--targetで与える

objdump --syms hogehoge.o

でもnmと同様の情報が得られる

size

オブジェクトファイルのセクションサイズを表示

readelf

ELFフォーマットのオブジェクトファイルの情報を表示する

オブジェクトファイルの操作

objcopy

strip

シンボル情報を切り捨てる

strip hogehoge.o

ライブラリ関連

ar

アーカイブを作成する

relocatableなオブジェクトモジュールのindexを作成。indexがあればリンク後の速度が向上。また、書庫内の位置に依存しなくなる

nm -s hogehoge.a

でindexをリスト。

ranlib hogehoge.a

でindexを追加

書庫 {
  メンバ[n];
}

その他

addr2line

gprof

プロファイラ(コールグラフを読み込んで統計を出す)

strings

オブジェクトファイルのフォーマット

Apacheのモジュール機構

ダイナミックリンクライブラリ

共有ライブラリの検索パスは/etc/ld.so.confに書く。編集した場合はldconfigを呼んでシステムに反映させる


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-05-13 (日) 14:58:12