INFファイルを解釈してインストールを行なうAPIがsetupapi.dllに用意されています

INFファイルをダブルクリックした場合は以下のようにしてこのAPIが使用されます

rundll32.exe

rundll32.exeによってsetupapi.dll内のInstallHinfSectionエントリポイントをアプリケーションとして呼び出します

rundll32.exe setupapi,InstallHinfSection DefaultInstall 132 <INFファイル>

InstallHinfSection関数はrundll32.exeが使用できる形式に従っており以下のシグネチャを持ちます

VOID CALLBACK InstallHinfSection (
    HWND hwnd,
    HINSTANCE ModuleHandle,
    PCTSTR CmdLineBuffer,
    INT nCmdShow
);

rundll32によって"DefaultInstall 132 <INFファイル>"が上のCmdLineBufferとして渡されます。

INFファイルの構造

INFに記述されたセクションのうちStrings等、共通のセクションは自動的に解釈され、作業環境となります。

そしてメインの作業要求はCmdLineBufferにあるDefaultInstallの位置の引数によって指定され、同名のセクションに記述された作業が実行されます


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2004-09-10 (金) 08:02:06