DNS*1

ネームサーバ

コマンド

DNSキャッシュの閲覧(Windows)

現在Windowsが持っているDNSキャッシュは

ipconfig /displaydns

で閲覧できます。おそらく大量に出力されるので

ipconfig /displaydns > c:/aaaaa.txt

などとしてから検索するといいでしょう

キャッシュの破棄(Windows)

ipconfig /flushdns

とすればローカルキャッシュは破棄されます。 また、Windows2000の場合、サービス一覧にあるDNS Clientを再起動すると同じようにキャッシュが破棄されます

DNSクエリを投げる

Linuxではdeprecated?のようですがnslookupを使ってレコードを取得します

$ nslookup
Default Server:  DNS.CDN-JAPAN.COM
Address:  210.130.232.1
> www.starlancer.org
Server:  DNS.CDN-JAPAN.COM
Address:  210.130.232.1

Non-authoritative answer:
Name:    www.starlancer.org
Address:  220.210.182.71

DNSのAレコードを聞いています。クエリを投げたDNSサーバがドメインstarlancer.orgにAuthorityを持たないため、「Non-authoritative answer」とメッセージが出ます

> www.starlancer.org dns1.name-services.com
Server:  dns1.name-services.com
Address:  63.251.163.102

Name:    www.starlancer.org
Address:  220.210.182.71

DNSサーバにstarlancer.orgにAuthorityを持つサーバを指定しているのでメッセージは出ません

様々なレコードを取得

> set type=NS
> www.starlancer.org
Server:  DNS.CDN-JAPAN.COM
Address:  210.130.232.1

starlancer.org
        primary name server = dns1.name-services.com
        responsible mail addr = info.name-services.com
        serial  = 2002050701
        refresh = 10001 (2 hours 46 mins 41 secs)
        retry   = 1801 (30 mins 1 sec)
        expire  = 604801 (7 days 1 sec)
        default TTL = 181 (3 mins 1 sec)

starlancer.orgのゾーン情報をもつDNSサーバを調べています


*1 Domain Name System

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2005-09-09 (金) 01:23:29